木造イノベーションを支える匠集団

NEWS
─お知らせ─
お知らせイメージ

平成29年度 優秀施工者国土交通大臣顕彰 青年優秀施工者土地・建設産業局長顕彰を受賞

影山光雄さん 岩澤俊雄社員 画像

写真左:【青年優秀施行者土地・建設産業局長顕彰】岩澤俊雄社員
写真右:【優秀施行者国土交通大臣顕彰】影山光雄さん

10月6日(金)メルパルクホール(東京都港区芝公園)にて、平成29年度優秀施工者国土交通大臣顕彰(以下「建設マスター」という)、青年優秀施工者土地・建設産業局長顕彰(以下「建設ジュニアマスター」という)の式典が開催され、住友林業ホームエンジニアリング㈱東関東事業所の請負大工である影山光雄さんが「建設マスター」を、同神奈川事業部の社員大工である岩澤俊雄社員が「建設ジュニアマスター」を受賞されました。

「建設マスター」は平成4年に当時の建設大臣顕彰として実施され、今回は26回目にあたります。建設工事施工者として20年以上の経験を有し、現役で活躍している方のうち、特に優秀な技術・技能を持ち、後進の指導・育成に多大な貢献をしている建設技能者に贈られています。また「建設ジュニアマスター」は建設工事施工者として10年以上の経験を有し、現役で活躍している方のうち、優秀な技術・技能を持ち、今後さらなる活躍が期待される青年技能者を対象として平成27年に設けられ、今年で3回目にあたります。

今年度は417名が「建設マスター」に、108名が「建設ジュニアマスター」に選ばれています。

影山さんは平成4年から当社の請負大工として「住友林業の家」を手掛けています。卓越した技能・技術をもつ影山さんのところには展示場や高額・高難易度物件の指名のみならず、自身の現場以外からも特殊な収まり等相談を受けることが多く、常に創意工夫をもって応えられています。

お客様第一を心がけ、お客様に喜んでもらえた時にやりがいを感じるという影山さんですが、自ら中心となって定期的に若手大工へ指導を行うなど後進の指導・育成にも大変尽力されています。後進に向けては「若い時の苦労は将来必ず役に立つ。与えられた仕事は二つ返事で引き受けるべき!」と熱い信念を述べられておりました。

岩澤社員は平成13年に住友林業建築技術専門校の第14期生として入校し、大工としての訓練課程を修了。以降、 16年6ヶ月間、「住友林業の家」づくり一筋で活躍されています。

第40回技能五輪全国大会での敢闘賞受賞、千葉県職業能力開発協会賞受賞など輝かしい経歴の岩澤社員。現在は技能職リーダーとして活躍され、安全第一・高品質維持を念頭に日々業務を行っていますが、お客様から頂く嬉しいお言葉がやりがいになっているとの事でした。

後進に向けて「地道な努力は無駄にはならず、後々必ず役に立つ。」とアドバイスをする岩澤社員。近年は大工職として国が認める唯一の検定である一級建築大工技能士も取得し、自身の技能向上にもたゆまぬ努力を重ねており、今後ますますの活躍が期待されます。

今回顕彰を受賞されたお2人は高い技能を持っているだけではなく、後進の育成にも積極的に取組んでおり、今後の建設業界発展のために尽力されている点が評価されたものと考えられます。

住友林業ホームエンジニアリング㈱の社員大工・請負大工は、ほぼ毎年、「建設マスター」「建設ジュニアマスター」を受賞しております。今後も当社の「品質方針」である安全・安心・高品質の「住友林業の家」の家づくりをする大工職から受賞者が続くことを期待しています。

影山光雄さん 岩澤俊雄社員 画像

写真左:【優秀施行者国土交通大臣顕彰】 影山光雄さん
写真右:【青年優秀施行者土地・建設産業局長顕彰】 岩澤俊雄社員

  1. 2022年
  2. 2021年
  3. 2020年
  4. 2019年
  5. 2018年
  6. 2017年